0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リベイル鉢増し -記録-

6/26に接木リベイルさんの鉢増しを実施しました。
去年の11/27に通販で購入したもので、届いた日に5号ポットから7号スリット鉢に
根鉢外周2cm程度シャワーで落とした後、北海道ピートモス(長短繊維)6:ココファ
イバー2:パーライト:2、鉢底1/5にはキングパールSとココファイバーを多目に使
用した用土で鉢増ししています。

パリパリした食感でりんごのような風味ってところに惹かれて購入に至りました。
早く味見したいものですが成長優先で今年は花芽全てつみました、というより
切り戻し剪定で冬に棒きれにしてしまいましたが その後、思うように上手く成長
してくれてているようですこのまま停滞せずに大きくなって来年は少しは実らせ
てみたいものです

左画像が購入当時の画像で縦に長さはありますが、ヒョロっとしていて安定感がない
ですね。
冬に主軸を上から4/5ぐらいで切り戻し剪定いたしました⇒その時の様子が右画像。
下画像が鉢増し直前で 上手く勢いのある徒長枝が2本発生してくれました エリ
ザベスと違い直立性で扱いやすそうなのがGoodです。

リベ00リベ01
リベ02

根張りのほうは思ったほどではないですが、一応根鉢が崩れず鉢底まで根が張っ
ていました。
2週間前から鉢増し作業を続けていますが、これまでの根張り具合を比べてみると、
鉢底にココファイバーを多めに使用していた鉢は鉢底のピートモスが泥化しており
鉢底根張りが悪かったですが、キングパールSを多めに使用していた鉢はそこそこ
水はけが良かったようで、ピートモスの泥化も見られず鉢底まで根が張っていました。

ココファイバーを鉢底に用いる場合はピートモスは少なめ もしくは無しにしてココチップ
等の分解しにくいものを混ぜてやる必要があるように思えます。

リベ03
リベ04

リベイルさん鉢増し終了!
今回の鉢増用土は先に記事にしたスパルタンさんと同じで下記のようになりました。
鉢底 2/7 ココチップ3:パーライト4:ココファイバ3
鉢上 5/7 サハリン産ピートモス5:ココハスクチップ3:パーライト2

ピートモスの使用量が少なく酸度は中性に近いんではないかと思われる為、クロ
ロシス等の成長障害が心配ですが上手く育って欲しいものです

リベ05
スポンサーサイト

スパルタン鉢増し -記録-

本やブログで高評価のスパルタン、粒が大きく濃厚で美味しい!! どこを見
ても悪い評価を見たことがない。
ただラビットアイさえ枯らしてしまっている作者にとってはNHBでしかも栽培が
難しいとされているスパルタンを栽培することは敷居が高く躊躇していました。
そんな折に去年の10/28にスパルタンのブルーインパルス接木苗を近所の
HCで偶然発見!!
接木の知識も一切なかったのですがラベルの説明書きを読んでみると、台木
のラビットアイにスパルタンを接いでいる為、どうやら栽培が容易であるようです!
なんだかこの出会いは作者に買ってもらうためにあったんだなと変な勘違いをして
その日に即買いして帰りました 
ここから作者の病気いやいや ブルベリ接木苗購入がはじまりました

さてさて本題 これまでの経緯と6/26の鉢増です。
購入してすぐに5号ビニールポットから10号スリット鉢に根鉢外周をすこしシャワー
で落としてから北海道ピートモス(長短繊維):ココファイバー:パーライト=7:1.5:1.5
で植え付け、水はけの良さ期待して鉢底1/8程度にキングパールSを大目に混ぜ
ました、が、いきなり大きな鉢に植え付けるのは過湿気味になりあまりよくないという
書き込みを目にし、12/6に7号スリット鉢に鉢下げしています。
鉢下げの時に水はけが良くなるようにとキングパールSを鉢底に多めに投入しています。

左は購入当時に10号スリットに鉢増しした画像です、照りの入った肉厚の葉っぱが
綺麗でした。
右が長いほうの枝を冬に上から3/4のところで切り戻し剪定したもので、下がちょう
ど鉢増しの1ヶ月前の5/28に台風避けでベランダに取り入れてた時の画像で見て
分かるように7号に鉢下げしています、切り戻し剪定した枝からは勢いよく2本の新梢
が立ち上がってきてくれました

スパ00スパ01
スパ08

根の張り具合はそこそこ良いほうでした、鉢底の用土もベターとしておらずに薄っすら
鉢底に用土が残りましたが、ほぼ鉢底まで根が張っていてくれています。

6月に入ってからの9ヶの鉢増しで鉢底の根張りが良かった物は鉢底にパーライトを
多目に混ぜた物と鉢底に軽石を敷いてた物で、底の用土が泥化してませんでした。
逆に鉢底に根が張っていなかったものは、鉢底にピートモスとココファイバーを混ぜ
水捌けのよさを期待したものでしたが、上の用土の重さで鉢底用土が潰されベターと
泥化したものでした。
鉢底にココファイバーとピートモスだけではなく+αとして上の用土にも潰されないココ
チップ/ココハスクチップ/パーライトを多めに混ぜてやればよかったと

スパ04
スパ05
スパ06

で今回の鉢増しに試した用土が下記になります。
鉢底 2/7 ココチップ3:パーライト4:ココファイバ3
鉢上 5/7 サハリン産ピートモス5:ココハスクチップ3:パーライト2

左が鉢底の用土でピートモスを一切使用していません、ココファイバを使用したのは
ココチップとパーライトだけでは、スリットからパーライトが流れ落ちそうで、パーライト
を絡めるためだけに混ぜてみました。
これまでの鉢増しで鉢底にパーライトを多めに混ぜた用土で根張りが良かったので
この配分にしてみましたが、ピートモスを使わなかったのはNGでしょうか??次回の
鉢増しで良否判断したいと思います。

右が鉢上用土でピートモス半分にココハスクチップとパーライトで用土を作ってみま
したが、配分は適当ですピートモスを半分にすると用土が作りやすいってだけでこの
配分になりました、これも次回の鉢増しでの根張り、用土の具合を見て配分を考えて
いこうと思っています。

スパ02スパ03

完成!
鉢増しに幾分慣れ段取りよく作業できたのか疲れはありませんでした、3鉢しただけ
ってのもありますが・・・10号スリット鉢:13.5Lから次回鉢増しは40Lぐらいでいい
のかな??調子を崩さず早く大きくなってくださいな

スパ07

カロラインブルー鉢増し -記録-

我が家のブルーベリーはまだ収穫もあまりできない2、3年生の幼木なんですが、NHBの
晩成種であり、将来ラビットアイのクライマックスに途切れることなく収穫が続くようにと購入
しました、評価も高く濃厚で甘味と酸味が調和して美味ようですので早く収穫したいものです。
最近になって知りましたがカロライン、デニス、ブリジッタは同年オーストラリアから発表さ
た品種のようですね、品種の多いブルーベリーの中からその3品種を選んだってことは、な
にかしら縁があるのでしょうか?? 早く3品種の食べ比べをしてみたいものです

さてさて、これまでの経緯と 6/26の鉢増しです。
今年の3/18に通販にて購入し届いたその日に5号プラスチックポットから7号スリット
鉢に根洗い9割がた実施して植え付けました。
用土は北海道ピートモス(長短繊維)6:ココファイバー2:パーライト:2 で鉢底1/5の
用土は水捌けが良いようにとココファイバーを多目に混ぜています。
左側が購入当時の画像で右が鉢増し前の画像で、このカロラインさんは他の品種が
一次成長でグングン伸びたのに比べて、一次成長で伸びがあまりないまま二次成長が
始まったと思うとグングン成長しはじめています

カロ00カロ01

2次成長でグングン伸びているので根張りもそれなりに期待していましたが、鉢底に根が
張っていなかった為、根鉢の1/3以上の用土が鉢に残ってしまいました・・・例によって
鉢底のピートモスは過湿気味でやや泥化しており根がはっていませんでしたので、上部
の用土に根域を広げて成長していたようです

カロ02
カロ03

カロラインブルーさん鉢増し終了!
今回の鉢増用土は試しに鉢底から上まで全て同じ配分の用土↓にしてみました

サハリン産ピートモス5:ココチップ3:ココハスクチップ2

パーライトを使用しないで有機物だけで作ってみましたので、いつかは分解されてし
まうはずですが、当分先のことだと思いますからそれまでの鉢増し時に用土の具合
を見てみたいと思います。
とりあえずそれまで順調に育って欲しいものです

カロ04

コガネムシ対策

本日はブルーベリーそっちのけで収穫の終わったスナックエンドウの後始末、トマト
の誘引、草抜きしましたが、暑いぃ~そこまで体は動かしていないのですが、ジリジリ
と首と背中を焼かれ・・・とにかく汗だくです。
梅雨のひと休みで当地は昨日今日と晴れ日でして気温は昨日が29℃、本日30℃超え
⇒家の簡易温度計では33.6℃を表示していました、昨日 埼玉と岐阜で40.9℃を観測
し共に日本の最高気温を更新しましたし、今年も猛暑の予感がします・・・ 
当地ではこのイキナリの熱波でチャンドラーとデニスブルーの新梢を水切れで枯らしてし
まいました、幸いそこまで重症ではなかったのですが、これからの季節水切れには十分
注意したいと思います。
秋頃の鉢増し予定な4株が昨日潅水したにもかかわらず今日鉢が軽くなっており管理
が大変になりそうな為、急遽明日鉢増しすることに決めました。

ブルべりの水切れも痛いことになりますが、皆様、適度に水分補給して熱中症には十分
注意してくださいませ。

さてさて 本題ですが、去年一切見ることのなかったコガネムシの成虫をこの1週間で早
くも4匹発見してしまいました、特に害虫を探してたわけでもなく新梢の成長具合を見てい
る際に偶然発見てな具合ですので、実際はもっと飛来しているはずです。
ブルべりの鉢植えがいっきに増え庭が青々してきたので、目星をつけられたのでしょうか??
ググってコガネについて調べてみると、コガネムシ成虫の姿を見かけたら付近に卵を産み付け
た可能性が大きいという文を見ました・・・  
コガネ対策は特にしてなくノーガード・・・どうやら何かしら対策を講じたほうがいいのではない
かと考えなおしました。

たちまち作者が講じることができる対策は下記が挙げられるのですが、出来れば薬剤は使い
たくないというのが本音です、となると①~④を今年のコガネ対策として講じてみようと思います。

①マルチ退けて用土の確認  ⇒ 1ヶ月に2回程度確認しようと思います。
②成虫捕殺          ⇒ 捕殺は無理ですがペットボトルに捕まえて遠くに離そう。
③パーライトでマルチ      ⇒ 現在、ココチップでマルチしてますが、そのさらに下に薄く
                     敷き詰めてやろうと考えています。
④椿サポニン粉末       ⇒ すでに卵を産み付けられている可能性がある為、孵化したで
                     あろう日以降に500倍を用土に注入してやろうと考えていますが、
                     少しコガネの生態を勉強してからです。
⑤ダイアジノン粒剤5 
⑥スミチオン乳剤 

去年デライトさんがコガネ被害にあい、復活したものの1年成長を棒にふったようなものなので
今年はできれば被害を回避したいものです! 

ここ2日間で見かけたコガネとついでのミノムシ↓

セマダラコガネムシ
パウダーブルーの葉っぱで休んでいたところを撮影、カメラを近づけると右後ろ足
を上げられましたが、どうやら威嚇のポーズらしいです、このコガネムシは違う日
に同じくパウダーブルーと今日玄関のノブにとまっている所を発見しました、捕獲後
空に投げて逃がしてやりましたが、遠くで逃がしてやればよかった・・・戻ってくるなよぉ。

20110624_00.jpg

未同定
ググってみると 大きさ、羽のスジの形状からヒラタアオコガネなのかなぁと思いましたが、
専門家でもないので見た目からは同定はできませんでした。
これはデライトの葉っぱで休んでいたのですが、手を伸ばした瞬間ブーンと逃げられ
この葉っぱにとまったところを撮影いたしました、これも左後ろ足を上げて威嚇して
いるようですが↑のセマダラコガネよりさらに小さくてその格好が可愛らしいとしか
思えませんでした。

20110624_03.jpg

ミノムシ
上のコガネムシ??を見つけた後 デライトの葉っぱに食害を見つけたので、葉っぱ
の裏を確認してみると、これも我が家ではじめての発見となる可愛らしい小さなミノムシ
がまさに食事の真っ最中でした、ダメージ的には小さなものですが捕獲し近くの川原に
移動してもらいました。 
作者はホント久々に見たのでついでのUPしてみました。

20110624_01.jpg
20110624_02.jpg



【 2011/06/25 (Sat) 】 害虫、外敵、益虫 | TB(0) | CM(0)

パウダーブルー 夏剪定&追肥

6/9に夏剪定、6/17に追肥を実施しましたので立て続けのUPになります。

まずは6/9夏剪定 before / after です。

BEFORE
枝と葉っぱで向こう側がみえません、これでも5/29の台風で十数本枝を折られた
後です、垂れ気味の枝が多いのは台風の影響で多くの枝が根元からグニャっとな
ってるからです・・・。

20110609_01.jpg

AFTER
株元にお日様が当たるようにと内向きの枝をバッサバッサ剪定していきましたが、
や・・やりすぎたかな??
しかし下の画像では分からない真後ろに間違いなく1m超えるだろうっていう勢い
のあるシュートが↓あるんです、樹形を整える上でここらへんに将来の主軸
が欲しいなぁって思っていたところに出てきてくれました
ただ、ほぼ真北にでてきているので多すぎる枝と葉っぱに南からの日光を遮られ
成長を妨げられていた感があったので、この御シュート様にお日様をいっぱい当て
てさらに大きく育ってもらう為にもガッツリ剪定いたしました。
このまま何事もなく大きくなってくれることを祈ってます

20110609_03.jpg
20110609_04.jpg

6/17 追肥

今年は肥料をガッツリ与えて大きく育てると宣言どうり5/9にも肥料を与えていますが、
2次成長前にしっかり追肥してやろうと思います、まるで鉢植えの扱いです。

作業開始したそばから軽いジャブを入れられました↓
マルチをどかす作業で木枠の角あたりのマルチを掴んだ瞬間3mmぐらいの蟻んこが
ブワァーと溢れてきました・・・ 画像は蟻んこが散り散りに逃げた後で 白い
3mm長の楕円のが卵でしょうか??どう処置したらいいか分からず暫く眺めてし
まいました
すこし落ち着きをとりもどした後 卵ごと一部のマルチをバケツによけて暫く様子を
見ましたが、どうやらマルチと木枠の間に巣を作っていたようで、用土には巣穴を作
ってなかったようです
なので、卵つきのマルチを撤去して簡単に処置終了することができました。

マルチを除けるのは前回肥料やった時から1ヶ月半ぶりですが、その間に蟻が巣を作って
しかも卵を産んでいたようです
これから先の季節は去年デライトが被害にあった最強にして最悪なコガネムシの幼虫
も活発になりますので、恐いですねぇ・・・そう言えばブルーベリーの葉っぱで休んでい
る1cmにも満たない薄茶色のコガネムシ(ググるとセマダラコガネムシっぽい)を最近立
て続けに2回みました・・・手ですくって空に投げてやるとブゥーンって飛んでいきました
が心配です・・種類にもよりますが6月下旬~9月中旬が産卵時期になるようです。
今年もコガネ対策は一切していませんが、また被害にあうのでしょうか?定期的にマルチ
を除けて用土の確認ぐらいはしたいと思っていますが、なんかこれといった対策も思い
つきません・・・農薬もつかわず簡単でコガネが寄り付かなくなる方法ってないんでしょう
か、無精な作者はそんなの希望します

20110617_00.jpg






















【 2011/06/18 (Sat) 】 RE-パウダーブルー | TB(0) | CM(0)

ブリジッタ鉢増し -記録-

今回の主役は6/8に鉢増ししたブリジッタさんです、購入に踏み切った理由を思い
出そうとしましたが何故購入したのか思い出せません・・・名前に惹かれた??ような
気もしますが??思い出しました これとリベイルさんは果肉が固くパリパリした食感
が持ち味というところに惹かれ購入にいたりました。
購入後に分かったことですが樹勢が強いようで当地では地根でも問題なく育つようで、
わざわざ接木にすることもなかったかもしれません・・・ 

去年の11/6に購入して北海道ピートモス(長短繊維)7:ココファイバー1.5:パーライト1.5
根洗い2cm実施後用土に植え付け実施。 鉢底1/5程度には水はけの良さ期待して
ココファイバー、パーライトを大目に混ぜています。

左が購入当時の画像で他のHBは紅葉が始まっているのにただひとつ青々としていて、
でも、それがまたアクセントとなって赤と緑が綺麗に映えていました。
画像では分かりませんが鉢を90度回転すると上部がかなり後ろに反っていて可愛らしいんです。

ブリ02ブリ00

根張りはそこそこですが、水捌けの良さを期待した鉢底への根張りはやはりNGでした
ので、底の泥化した用土を少しさらってから植え付けました。

ブリ01
ブリ06

植え付け用土:下から1/5を ココハスクチップ5:サハリン産ピートモス3:パーライト2 
残りを サハリン産ピートモス5:ココファイバー2:パーライト2:ココハスクチップ1。

上を書きながら 今回6/8に鉢増しのエリザベス、チャンドラー、デニス、オニール、サファイア、
も全て同じ用土で鉢増しだよなぁ、駄目なら全部調子くずすのかなぁって思ってしまった・・・
鉢底に軽石でもココチップでも敷けばよかったなぁって思っている次第です。

まぁ、調子崩したらその時考えればいいし 「失敗はなんとかの元」とも言いますし、これからも
日々勉強したいと思いますですハイ

見た目は背が高く10号鉢がバランスいいですね、留まる事無く 2次成長、3次成長
とさらなる成長して下さいな

ブリ03








【 2011/06/17 (Fri) 】 NH-ブリジッタ接ぎ木 | TB(0) | CM(0)

サファイア鉢増し -記録-

オニール、リベイルとSHBを購入した後、SHBがもう一鉢欲しくて品種選定してい
たところ評価が高く1本から購入できるということで高価でしたが購入にいたりました。
我が家のHBの中で唯一の地根ですがパテント品種の為 増やすことが許されてい
ません、早く味見してみたいところですが枯らさないように当分は成長優先で育成
に励みたいと思います。
左が届いた時の画像で5号ビニールポットに入っていましたが、春からの急成長を
祈って12/13根洗い1cm実施後、北海道ピートモス(長短繊維)6:ココファイバー2:
パーライト:2で7号スリット鉢に鉢増ししています。
これも水はけの良さを期待して鉢底1/5程度にパーライト大粒とココファイバーを
大目にまぜていますが、前々回のデニスの記事では上手くいってませんでした・・・。

右が今回の10号スリットへの鉢増し直前で見た目大きくないのですが、葉っぱが多
く蒸散が激しかったのか鉢が軽くなるのが早かったです。

サファ01サファ05

根張はそこそこでしたがやはりデニスと一緒で鉢底の用土はベターっとしており根
は張っていませんでした。

サファ02

植え付け用土:下から1/5を ココハスクチップ5:サハリン産ピートモス3:パーライト2 
残りを サハリン産ピートモス5:ココファイバー2:パーライト2:ココハスクチップ1。

今回の鉢増しは疲労から全て上記割合で用土を混ぜ合わせて行いましたが、記録よう
なので毎回書かせて頂いています。

しかし 鉢増しは軽い運動に含んでもいいですね、無精な作者は当分やりたくないです!

サファ00



掲示板
プロフィール

ike

Author:ike
SINCE 2011.3.29
PHOTO 2012.8.06 デライト

Flashカレンダー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。