0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リベイル鉢増し -記録-

6/26に接木リベイルさんの鉢増しを実施しました。
去年の11/27に通販で購入したもので、届いた日に5号ポットから7号スリット鉢に
根鉢外周2cm程度シャワーで落とした後、北海道ピートモス(長短繊維)6:ココファ
イバー2:パーライト:2、鉢底1/5にはキングパールSとココファイバーを多目に使
用した用土で鉢増ししています。

パリパリした食感でりんごのような風味ってところに惹かれて購入に至りました。
早く味見したいものですが成長優先で今年は花芽全てつみました、というより
切り戻し剪定で冬に棒きれにしてしまいましたが その後、思うように上手く成長
してくれてているようですこのまま停滞せずに大きくなって来年は少しは実らせ
てみたいものです

左画像が購入当時の画像で縦に長さはありますが、ヒョロっとしていて安定感がない
ですね。
冬に主軸を上から4/5ぐらいで切り戻し剪定いたしました⇒その時の様子が右画像。
下画像が鉢増し直前で 上手く勢いのある徒長枝が2本発生してくれました エリ
ザベスと違い直立性で扱いやすそうなのがGoodです。

リベ00リベ01
リベ02

根張りのほうは思ったほどではないですが、一応根鉢が崩れず鉢底まで根が張っ
ていました。
2週間前から鉢増し作業を続けていますが、これまでの根張り具合を比べてみると、
鉢底にココファイバーを多めに使用していた鉢は鉢底のピートモスが泥化しており
鉢底根張りが悪かったですが、キングパールSを多めに使用していた鉢はそこそこ
水はけが良かったようで、ピートモスの泥化も見られず鉢底まで根が張っていました。

ココファイバーを鉢底に用いる場合はピートモスは少なめ もしくは無しにしてココチップ
等の分解しにくいものを混ぜてやる必要があるように思えます。

リベ03
リベ04

リベイルさん鉢増し終了!
今回の鉢増用土は先に記事にしたスパルタンさんと同じで下記のようになりました。
鉢底 2/7 ココチップ3:パーライト4:ココファイバ3
鉢上 5/7 サハリン産ピートモス5:ココハスクチップ3:パーライト2

ピートモスの使用量が少なく酸度は中性に近いんではないかと思われる為、クロ
ロシス等の成長障害が心配ですが上手く育って欲しいものです

リベ05
スポンサーサイト

スパルタン鉢増し -記録-

本やブログで高評価のスパルタン、粒が大きく濃厚で美味しい!! どこを見
ても悪い評価を見たことがない。
ただラビットアイさえ枯らしてしまっている作者にとってはNHBでしかも栽培が
難しいとされているスパルタンを栽培することは敷居が高く躊躇していました。
そんな折に去年の10/28にスパルタンのブルーインパルス接木苗を近所の
HCで偶然発見!!
接木の知識も一切なかったのですがラベルの説明書きを読んでみると、台木
のラビットアイにスパルタンを接いでいる為、どうやら栽培が容易であるようです!
なんだかこの出会いは作者に買ってもらうためにあったんだなと変な勘違いをして
その日に即買いして帰りました 
ここから作者の病気いやいや ブルベリ接木苗購入がはじまりました

さてさて本題 これまでの経緯と6/26の鉢増です。
購入してすぐに5号ビニールポットから10号スリット鉢に根鉢外周をすこしシャワー
で落としてから北海道ピートモス(長短繊維):ココファイバー:パーライト=7:1.5:1.5
で植え付け、水はけの良さ期待して鉢底1/8程度にキングパールSを大目に混ぜ
ました、が、いきなり大きな鉢に植え付けるのは過湿気味になりあまりよくないという
書き込みを目にし、12/6に7号スリット鉢に鉢下げしています。
鉢下げの時に水はけが良くなるようにとキングパールSを鉢底に多めに投入しています。

左は購入当時に10号スリットに鉢増しした画像です、照りの入った肉厚の葉っぱが
綺麗でした。
右が長いほうの枝を冬に上から3/4のところで切り戻し剪定したもので、下がちょう
ど鉢増しの1ヶ月前の5/28に台風避けでベランダに取り入れてた時の画像で見て
分かるように7号に鉢下げしています、切り戻し剪定した枝からは勢いよく2本の新梢
が立ち上がってきてくれました

スパ00スパ01
スパ08

根の張り具合はそこそこ良いほうでした、鉢底の用土もベターとしておらずに薄っすら
鉢底に用土が残りましたが、ほぼ鉢底まで根が張っていてくれています。

6月に入ってからの9ヶの鉢増しで鉢底の根張りが良かった物は鉢底にパーライトを
多目に混ぜた物と鉢底に軽石を敷いてた物で、底の用土が泥化してませんでした。
逆に鉢底に根が張っていなかったものは、鉢底にピートモスとココファイバーを混ぜ
水捌けのよさを期待したものでしたが、上の用土の重さで鉢底用土が潰されベターと
泥化したものでした。
鉢底にココファイバーとピートモスだけではなく+αとして上の用土にも潰されないココ
チップ/ココハスクチップ/パーライトを多めに混ぜてやればよかったと

スパ04
スパ05
スパ06

で今回の鉢増しに試した用土が下記になります。
鉢底 2/7 ココチップ3:パーライト4:ココファイバ3
鉢上 5/7 サハリン産ピートモス5:ココハスクチップ3:パーライト2

左が鉢底の用土でピートモスを一切使用していません、ココファイバを使用したのは
ココチップとパーライトだけでは、スリットからパーライトが流れ落ちそうで、パーライト
を絡めるためだけに混ぜてみました。
これまでの鉢増しで鉢底にパーライトを多めに混ぜた用土で根張りが良かったので
この配分にしてみましたが、ピートモスを使わなかったのはNGでしょうか??次回の
鉢増しで良否判断したいと思います。

右が鉢上用土でピートモス半分にココハスクチップとパーライトで用土を作ってみま
したが、配分は適当ですピートモスを半分にすると用土が作りやすいってだけでこの
配分になりました、これも次回の鉢増しでの根張り、用土の具合を見て配分を考えて
いこうと思っています。

スパ02スパ03

完成!
鉢増しに幾分慣れ段取りよく作業できたのか疲れはありませんでした、3鉢しただけ
ってのもありますが・・・10号スリット鉢:13.5Lから次回鉢増しは40Lぐらいでいい
のかな??調子を崩さず早く大きくなってくださいな

スパ07

カロラインブルー鉢増し -記録-

我が家のブルーベリーはまだ収穫もあまりできない2、3年生の幼木なんですが、NHBの
晩成種であり、将来ラビットアイのクライマックスに途切れることなく収穫が続くようにと購入
しました、評価も高く濃厚で甘味と酸味が調和して美味ようですので早く収穫したいものです。
最近になって知りましたがカロライン、デニス、ブリジッタは同年オーストラリアから発表さ
た品種のようですね、品種の多いブルーベリーの中からその3品種を選んだってことは、な
にかしら縁があるのでしょうか?? 早く3品種の食べ比べをしてみたいものです

さてさて、これまでの経緯と 6/26の鉢増しです。
今年の3/18に通販にて購入し届いたその日に5号プラスチックポットから7号スリット
鉢に根洗い9割がた実施して植え付けました。
用土は北海道ピートモス(長短繊維)6:ココファイバー2:パーライト:2 で鉢底1/5の
用土は水捌けが良いようにとココファイバーを多目に混ぜています。
左側が購入当時の画像で右が鉢増し前の画像で、このカロラインさんは他の品種が
一次成長でグングン伸びたのに比べて、一次成長で伸びがあまりないまま二次成長が
始まったと思うとグングン成長しはじめています

カロ00カロ01

2次成長でグングン伸びているので根張りもそれなりに期待していましたが、鉢底に根が
張っていなかった為、根鉢の1/3以上の用土が鉢に残ってしまいました・・・例によって
鉢底のピートモスは過湿気味でやや泥化しており根がはっていませんでしたので、上部
の用土に根域を広げて成長していたようです

カロ02
カロ03

カロラインブルーさん鉢増し終了!
今回の鉢増用土は試しに鉢底から上まで全て同じ配分の用土↓にしてみました

サハリン産ピートモス5:ココチップ3:ココハスクチップ2

パーライトを使用しないで有機物だけで作ってみましたので、いつかは分解されてし
まうはずですが、当分先のことだと思いますからそれまでの鉢増し時に用土の具合
を見てみたいと思います。
とりあえずそれまで順調に育って欲しいものです

カロ04
掲示板
プロフィール

ike

Author:ike
SINCE 2011.3.29
PHOTO 2012.8.06 デライト

Flashカレンダー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。