01123456789101112131415161718192021222324252627282903

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オニール、リベイル、カロラインブルー 根鉢 -記録-

今日は朝からポカポカ陽気なのもあってオニール、リベイル、カロライン
ブルーの鉢増しを実施しました。

13.5L ⇒ 45L鉢への鉢増しで、水はけが良くなるように鉢底にココチ
ップ8:ココハスクチップ2 で5cm程度敷き詰めた後、同じ配分の用土↓
で全て鉢増ししました。

ラトビア産ピートモス35:ココファイバー35:パーライト15:ココハスクチップ15 
+元肥、サンドセット

13.5L ⇒ 45Lの鉢増しなので一鉢に30Lの用土が必要になってく
るのですが、これまでの鉢増し作業がお遊びと感じるぐらい大変でした。
60Lや100Lとかの鉢増しを考えるとぞっとします。

今後の鉢増しは置き場所とメンテ性との相談になりますが、とりあえず
45L鉢なら用土が水をたっぷり含んだ状態でも持ち上げて移動すること
ができたので、これぐらいで維持するのが良いのかも知れません。



さてさて、今回は根鉢シリーズになります。

まずはオニールさん

去年の6/16に用土↓で7号⇒10号に鉢増し。

鉢下をココハスクチップ5:サハリン産ピートモス3:パーライト2 残りを 
サハリン産ピートモス5:ココファイバー2:パーライト2:ココハスクチップ1 

この時の根鉢が⇒これ でまだ鉢増しには早いかな??と思いつつエイヤー
で実施してしまった経緯がありますが、過湿にならないように潅水に注意したの
もあってか根張りはGOODです。
鉢底までしっかり根を張ってくれてますので、新根が伸びるように全体をホグシ
てやってから鉢増ししてやりました。


20120211_000.jpg



続いてリベイルさん

去年の6/26に用土↓で7号⇒10号に鉢増し。

鉢底 2/7 ココチップ3:パーライト4:ココファイバ3
鉢上 5/7 サハリン産ピートモス5:ココハスクチップ3:パーライト2

この時の根鉢が⇒これでまだまだ根域がありますが留まることなく成長して
くれたらと鉢増し実施しました。

オニールに比べると根量は少なめですが、少し心配していたパーライト多目
に使った鉢底まで根が張ってくれていましたので、周りの根をホグシて底の
パーライトを軽く落として鉢増ししてやりました。

ただ心配なのが去年の9/22に発見した⇒これで本日根鉢をホグシている
とこの反対側の用土に少し漬かった部分にオガクズを発見しました・・・、って
ことは虫が侵入している??うんっ??調べて見ると幹に侵入する害虫でコウ
モリガがヒットしました。

幹に穴を開けて侵入し内部を食い荒らしてトンネルのように空洞化するようで、
ほっておくと強風の時にポキっといってしまったりするようです・・・・・。

せっかく今年も大きく育ってもらうために鉢増ししましたが、不安になってきま
した、本日は鉢増し作業でイッパイ^2なので後日確認して穴が空いているよ
うなら↓実施してみようと思います。

駆除方法は穴から針金などで殺すか穴から殺虫スプレーで殺すようです。


20120211_001.jpg20120211_002.jpg



続いてカロラインブルーさん

去年の6/26に用土↓で7号⇒10号に鉢増し。

サハリン産ピートモス5:ココチップ3:ココハスクチップ2

この時の根鉢が⇒これで排水性を良くしようとして鉢底にココファイバーを多
めに使用しましたが裏目に出たようで、ココファイバーでは上の重さに潰され、
鉢底は過湿で泥化して根が張ってませんでした。

鉢増し前の状態が悪かったせいか根量は一番劣りますし鉢底に多少根を張
ってくれていますが、泥化していていい状態ではないですね。
ピートモス5に対して、ココチップ+ココハスクシップを5使用し、鉢上から下ま
で同じ単一用土を試してみましたが、鉢底の排水性はあまり良くなかったよう
です。
鉢底にはパーライトやココチップや軽石などを単一で敷き詰めてやったほうが
良さそうです。

これぐらいなら根鉢をホグさずに鉢増ししてもいいかとも思いましたが、軽くホ
グして鉢底の泥化したものを取り除き鉢増ししてやりました。

はぁ~ちかれた・・・明日も10L⇒45Lへ3鉢・・・。


20120211_003.jpg20120211_004.jpg


【 2012/02/11 (Sat) 】 根鉢 | TB(0) | CM(0)

ブリジッタ剪定 -記録-

去年の7月から全ての枝先の葉っぱがクロロシスな状態に陥り調子
を崩していたブリジッタさんです。

11月に根洗いして新しい用土で植え戻しているので、今年は調子を
取り戻し大きくなってくれることでしょう

一本立ちから発生した枝がそれぞれ伸びてくれましたがシュートの
発生は0でした・・・、枝が多いとそっちに勢いをもっていかれてしまう
のかな??


Before
20120203_010.jpg


調子を崩して花芽は4つしかついてませんでしたが、味見してみたい
ので2つ残し

弱弱しい枝を剪定したら、まるで終わりを迎えようとしている松の木の
ような風貌になってしまいました・・・



After
20120203_011.jpg
【 2012/02/09 (Thu) 】 NH-ブリジッタ接ぎ木 | TB(0) | CM(0)

サファイア剪定 -記録-

我が家で唯一のパテントのサファイアさんです。

枝ぶりはオニールよりさらに暴れまくるので支柱で鉢を囲んでどうにか
上へ上へと誘引しました。

サファイアは上の方からシュートが発生しやすいのでしょうか??
去年のシュートは全て上から発生で、作者としては株元からニョキ
っと出てほしいところでしたが、それは今年に期待します。

去年は順調に育ってくれて、主幹もそこそこ太くなったので鉢増しを
考えています。
自根なので10L⇒45Lにしていいのか迷うところですが、通気性の
良い用土なら上手く育ってくれると踏んでます。

なので用土も此れまではピートモス50%で作ってましたが、ピートモ
スの割合をさらに下げて通気性の良いフカフカ用土を作ってやろうと
思案中です、と言っても、ただ ピートモスの量に対してパーライト、
ココハスクチップ、ココファイバーの量が増えるだけなんですけどね


Before
20120203_012.jpg



これも充実した枝以外はバッサリ剪定して、味見できるよう何時ものよ
うに花芽を一つ残しにしてみました。


After
20120204_000.jpg

オニール剪定 -記録-

去年一番大きく成長してくれたオニールさんです。

根元から発生してくれたシュートも太ってくれましたし、上のほうからも
充実したシュートが数本立ち上がってくれました。

他の品種が停滞している時にも留まることなく成長してくれたのでお気
に入りです

ただ、もう少し直立性であってくれたら扱いやすいのですが、枝が横へ
伸びるもんですから誘引が面倒なのが

Before
20120203_015.jpg



大きく育ってくれただけあって剪定で良い挿し穂になる枝が沢山取れ
ましたが、去年の緑枝挿しがあるので、勿体無いなとおもいつつ置き
場もないので廃棄

これも味見できるように花芽一つ残しで、今年もう一回り大きくなって
もらう予定です。


After
20120204_001.jpg

【 2012/02/04 (Sat) 】 SH-オニール接ぎ木 | TB(0) | CM(0)

リベイル剪定 -記録-

去年の3月の思い切ってきり戻した状態 ⇒棒切れ から比べるとかん
なり成長してくれたリベイルさんです。

このまま留まることなく成長してほしいので、来週あたり10L⇒45Lに鉢
増し予定です。


Before
20120203_013.jpg


直立性で上へ上へと伸びてくれて扱いやすい品種ですね、ボサボサに
なってもらっても困るので、充実した枝を残して枝の根元からバッサリ
剪定し、花芽も一つ残しにしました。

After
20120203_016.jpg

スパルタン剪定 -記録-

スパルタンはシュートが発生しにくい品種なんでしょうか??

剪定で弱い枝を撤去していたら去年の3月に切り戻し剪定した時から
は上手く枝分かれしてくれていますが、シュートがほぼ発生してない、
いや、多少発生していますが他の品種と比べて少ないですね。

それでいて直立性なので場所とらずで育てやすいのですが、願わく
ばもっと下のほうからぶっといシュートが発生してほしかったです。


Before
20120203_014.jpg


枝数自体すくないので弱い枝と内向きの枝はバッサリ剪定し、後は花芽
を枝に一つ残しにして剪定終了しました。

早く大きく育ってほしいので来週あたりに根鉢を確認してよければ鉢増
ししたいと思っています。

美味しいと噂ですので今年の成長に期待しています!早く大きくなあれ


After
20120204_002.jpg


早すぎたかな??

サ・ム・イ ぃぃ~!

当地は昨日今日と今年一番の冷え込み??今年最高の冷え込みになるん
ではないかと思うぐらい冷え込んでいます、エアコンで間に合っていた暖房
ですが本日は室温が設定温度まで上がらず寒がりの嫁が石油ファンヒーター
を併用させていましたが?!
よくよくエアコンの設定を見てみると 21℃ ⇒ 17℃ に設定が変わってい
ました。
作者も嫁も設定なんて触った記憶がありませんが変わっていたのは事実・・・、
作者のいつも座っている傍にリモコンもあるので犯人あつかいされてしまいま
した

室温20℃以下では風邪引きやすいとTV番組で話していましたが、ホントそう
だと思いました、20℃以上なら寒くても着込めば凌げていましたが、18℃だ
と違います、体が「む~り~」「や~だ~」と訴えてきます。

20℃を境に体感温度が大きく変わってくるんでしょうか??

さてさて、本日の主役のホームベルさんです。

なぜにホームベル??と思う方もいると思いますがこの時期少し早いかもし
れませんが、やることがあるんです!作者にとっては去年のリベンジを目論
んでもいるのです。

もうお気づきですね。


20120203_000.jpg


分からない方はさらに寄って撮ったこのいい感じに伸びた3本立ちを見れば・
・・、そしてその真ん中の去年の残骸をみて頂けたら、もうお分かりですね。


20120203_001.jpg


この道具でやることと言ったらそうです つ・ぎ・き 接木です!

忘れもしません去年は3/14に8本を接いで成功は0/8で0%・・・葉芽の
動きを楽しみに接いでから毎日様子をみていたのですが、結局すべてが動
くことなく終わりを向かえてしまいました

今年は3年生ホームベル2鉢で5本接ぎますが1本でも成功してくれたら、
とりあえずリベンジ成功ということにして気楽にやろうと思います。


20120203_002.jpg


穂木の加工は昔鉛筆削りで培った技術でそこそこ上手くできますが、台木
の切れ込みが下手ですねぇ・・・太くて硬くまっすぐ切り下ろせないもんだか
ら何度か切り直してます。
形成層合わせもあとから画像を見るとわかりますが、もう少し穂木の切れ込
みを上のほうからしたほうがいいですね。


20120203_006.jpg20120203_007.jpg
20120203_008.jpg

じゃかじゃ~ん!

できました 左からオニール、ミスティー、リベイル SHB 3本 接ぎ。

最後は作者の拙い技術を棚上げにして神頼み「どうか、どうか1本だけでも・・・」

終わったあとで気になったことが、穂木のてっぺんにはトップジン塗りますが、
台木と穂木の繋ぎ目にもみなさん塗っているんでしょうか??

殺菌剤で、病原菌の侵入を防いでくれるなら良さそげな気がしますが??

さてさて、今回リベンジの為に気をつけたことは寒いうちに接いでしまうってこ
とくらい⇒これは去年の失敗はいきなり上がった気温のせいで接いだ部分が
熱でやられ腐ったと思っているので。

ならば、お日様が暑くなるまでに接いでしまったら、動きは遅いが暑くなるまで
に多少癒合してくれるんではないかと期待しての作業です。

ただ接いでから一切水が上がってこないので少し早すぎたかもってビビってい
ます。

とにかく 「上手くいってちょうだいな!

20120203_005.jpg


スパルタンも2本接ぎしてみました、これで今年の接木作業終了ぉ~

一本ぐらいは上手くいってくださいな


20120204_003.jpg






【 2012/02/03 (Fri) 】 MY接ぎ木&挿し木 | TB(0) | CM(0)
掲示板
プロフィール

ike

Author:ike
SINCE 2011.3.29
PHOTO 2012.8.06 デライト

Flashカレンダー
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。